まくらについて

体に合うこと、そして敷き寝具との組み合わせ方

「自分にぴったりの枕となかなか出会えない」というお悩みをお持ちではありませんか。あるいは、特に不具合がないので実は体に合っていない枕なのだけれど使い続けている方も意外と多いのではないかと石田屋は考えています。マットレスに合わせて枕を選ぶことが最も大切になります。身体が十分に支えられたマットレスにおける枕の高さは、3~5cmあれば充分です。かつての固い敷布団であれば、肩が沈まないぶん枕を高くしなければなりませんでした。そのため、枕単体での見た目が既に確立されているとも言え、高すぎる枕を使われている方が多いのです。高さが合わない枕は首が疲れます。呼吸にも影響があります。知らず知らずのうちに腰に負担がかかっている場合もあります。

ウールユニットピロー

         素材  : 毛100%(イギリス産ウール100%)
         サイズ : 66×38×4cm
         側生地 : 綿100%(オーガニックコットン100%)

1. 呼吸するウール

吸湿性と放湿性に優れ、夏はさらさらで冬はあたたか。ニオイも発生しにくい天然素材でもあります。ウールユニットピローは化学処理をしていないウールだけでできています。薬品を使わず、化学処理していないオーガニックウールだからこそ、呼吸するのです。

2. 蒸れないウールパーツ枕

ユニットタイプに分かれた4つのパーツで構成されたまくらです。全体がフラットな形状で首から後頭部をサポートする安定感のある枕。吸放湿性に優れたウールのため接触面のムレ感なし。

3. 敷き寝具にあった高さの枕

高さは低めですが、きちんと体圧分散してくれる敷き寝具をお使いの場合には、これくらいの高さで充分なのです。ウールユニットピローは、枕の中が4つに分かれているため、中身が偏らず、ちょうど良い高さをキープできます。

スリーピースピロー

          素材  : 毛(ウール)・ビーズ・ゲルマビーズ
          サイズ : 65cm×36cm 高さ3〜8cm
          側生地 : 綿100%

1. 6つに分かれたポケット

6つに分かれたポケットそれぞれに、中身の素材と高さの調節ができる枕。フカフカのウールとゲルマビーズを上下3ポケットずつ組み合わせています。

2. フカフカ心地良いウール

ウールは、柔らかく、吸湿性と放湿性に優れ、夏はさらさらで冬はあたたか。薬品を使わず、化学処理していないオーガニックウールだからこそ、呼吸するのです。

3. ゲルマビーズ

ゲルマニウムと炭を練り込んだソフトビーズ。ビーズなのに柔らかな感触が魅力。ゲルマニウムには血行促進作用があり、女性に人気です。